MVCとは

スポンサーリンク

Zend Framework3でウェブアプリケーション(ウェブサイト)を作成するうえで必要な、MVCについて、超簡単に説明します。

 

MVCとは

MVCとは、Model、View、Controllerの頭文字をとった名称で、
(特に今回は)
ウェブアプリケーションを作成する際の一つの形式のことです。

MVCを適用する、とは具体的に言うと、
アプリケーションを
データ操作部
ユーザーに見せる画面部
上述の二つをつなげる部分
の三つに分けて作成する
ということを指します。

 

Model(モデル)とは

Modelとは、先ほどの説明のデータ操作部にあたります。
また、データの編集作業も当てはまります。
ものすごく簡単に言うと、
データベースを扱い、データを加工する部分です。

 

View(ビュー)とは

Viewとは、先ほどの説明の、ユーザーに見せる画面部となります。
これ以上簡単に言うの難しんですが、
ものすごく簡単に言うと、
画面部分です。

 

Controller(コントローラー)とは

Controllerとは、ViewとModelをつなぐ橋渡しの役割です。
ものすごく簡単に言うと、
データを画面に渡す部分です。

 

なぜMVCなの?

なぜMVCか、についてはMVCでのメリットを説明することになります。

超簡単に言います。

それぞれの専門家に任せることができる

からです。

簡単な例として、
プログラマは、システムとデザインを作成することができる。
とは限らないです。なんとなくわかると思います。

具体的に、デザインとは、
ユーザーにとって扱いやすい、わかりやすいデザイン
を指します。

もちろん一部の方は、システムとデザインができるでしょうが、
そんなに多くはいません。
だから、ビューとそれ以外に分けることで、
より効率の良い、完成度の高いアプリを作成することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました